小池幸二※ゴルフ上達

世界最新ゴルフ上達プログラム(小池幸二&オジーモア)

>>>詳細はこちら

小池幸二※世界最新ゴルフ上達プログラム


ゴルフは体重移動が重要だ!。

全世界ですでに3000人以上がスコアアップし、日本人が知らないゴルフスイングとは・・・・。

世界最新の左一軸スイングを身につけた人はスライス、フックが無くなり、まっすぐ飛ぶようになりました。

猛スピードで振り下ろされるクラブヘッドをコントロールし、フェースをまっすぐに保つのは、ただでさえ困難です。

タイミングが少しでもズレると、ボールは大聞く右か左に曲がってしまうことになります。

小池幸二氏がイチオシするオジーモアはこういいます。

これに体重移動が加わるとなると、体が大聞く左右に揺れることになり、インパクトの瞬間をコントロールすることは至難の業。

もしあなたが「ボールが曲がってしまう」「飛距離が伸びない」と悩んでいるのであれば、朗報です。

なるほど、確かにゴルフは長いクラブで小さいボールを打つもの。

体を速く回転させてスイングすれば飛距離は伸びる!。

飛距離が10〜50ヤード伸びました。

ゴルフで体重移動をするということは、わざわざ自分で体を揺らし、当てにくくしているのと同じこと。

といいます。

賞金王を獲得し、5年連続トップインストラクターに選出されたカリスマコーチ・オジーモアは体重移動をしてはいけないと言います。

当たる瞬間のフェースの角度を調節するというのは針の穴に糸を通すような、非常に繊細な作業が要求されます。

まっすぐ飛ばすためには、インパクトのときにフェースがターゲット方向を向いている必要があります。

いつでも同じスイングができるようになりました。

もし自分が一生懸命、針に糸を通そうとしているときに、隣の人に椅子を揺らされたら、糸をとおせるはずがありませんよね。

こういう古い常識を信じているようでは、ゴルフは一向に上達しませんよ。

結果的にスコアが大幅にアップしました。

フェースがまっすぐにならず、ボールが曲がってしまうのは当然のことなのです

小池幸二